レーシック人気クリニックを徹底比較!顧客満足度No1!
ヘッダー

手術に向いている人

    

向いている人・向かない人

レーシックは誰でも受けられる手術ではありません。適応検査を行って何かしら目に問題を持った方は手術を受けることができません。実際にレーシックに向かない人は結構いるのでクリニックで適応検査を行って調べる必要があります。レーシック手術にも違いがあり、クリニックによっては受けられる・受けられないなど差があるのでいろいろなところで確認することが賢明といえます。

向いている人

近視・遠視・乱視の人
20歳から60歳の方で近視・遠視・乱視・老眼の人、視力が安定していて度数が変化しない人、角膜の細胞数がコンタクトレンズによって極端に減っていない人が向いています。長年のコンタクトレンズ使用によって角膜の細胞は次々と死んでいってしまい、レーシック手術を受けられないほどに減ってしまう人もいます。また、スポーツを楽しみたい人やメガネやコンタクトに煩わしさを感じている方、肩こりや頭痛を持っている方はレーシックに向いていると思います。

 

レーシックに向いていない人

高齢者、未成年の人
まず、未成年は眼球が成長過程にあるので、受けることができません。逆に、高齢者の場合、老眼は、レーシックでは治せないので、向いていません。重度のドライアイや白内障を持っている人も手術リスクが大きくなる為向いていません。また、神経疾患や肺炎などの内科的疾患がある人は角膜の再生能力が遅く、こちらもリスクがあるといえます。角膜に異常がないかなどはクリニックで相談できますのでまずは来院が必要です。

 

職業の中には視力の制限があるものがあり、レーシックによる矯正が認められているものと、認められていないものがあります。
レーシックによる矯正が認められている職業は、大型車やタクシーなどの運転をする職種や消防士、警察官、自衛官などの公務員、看護婦、客室乗務員、競艇、競馬騎手などです。
自分の働いている職種がレーシックの認められている職業かよく確認する必要があります。
ただ、大概の職業はレーシックに制限はありませんのでそれほど心配はいらないでしょう。

近視の方

近視は目が奥行方向に伸びることによりおき、日本人のほとんどに起こる病気です。
軽度の禁止ならメガネやコンタクトで補えば良いものの強度の近視となると合併症も生じる可能性もあるため注意が必要です。

 

原因としては遺伝と環境について考えられます。
親が近視の場合、子供も近視になる可能性は比較的高まります。
遺伝子的にみても近視の方の遺伝子には要因遺伝子となるものが見られ、そのような関連から近視になると思われます。

しかし、遺伝だけでなく生活環境も深く関わることも考えられ、近くを見ることの多い方は近視の割合が高いことも知られています。

治療について

近くが見えなくなってきたらメガネやコンタクトをすることが望ましいです。
しかし、手間も省きたいならレーシックをすることもおすすめです。
一度手術を行えばいちいち準備をする手間も省けるので手軽に治したいという方にもレーシックはおすすめです。
また、レーシックを行ったからといって長時間のゲームや読書はしないようにしましょう。

遠視の方

目に入ってきた光は網膜で感じ取ります。
普通は網膜でピントがあった状態ですが、遠視の方は目の奥行の長さが短いため、網膜より奥でピントが合います。
目の状態としてはピントがまったく合っていません。
しかし若いうちは水晶体が効くため無理やり見ることができます。

ただ、年齢とともに見る力も衰えてくるので遠視となる人が年とともに増えてきます。
老人では水晶体が変化しやすいので遠視化や近視化をすることもあります。

治療は?

遠視の治療としてメガネやコンタクトレンズを使用します。
特にコンピューターを長時間使用する方やゲーム、読書を多くする人は目に負担をかけるため、年齢にかかわらず症状が起こりやすくなります。
また、レーシック手術を行うのもおすすめです。
手術を行うことですぐに視力を回復させることが可能です。
視力の極端に低い方でも手術で1.5くらいにまで回復することも多く、気軽に相談してみるのも良いでしょう。